一般皮膚科・小児皮膚科

一般皮膚科

一般皮膚科:専門医療機関として細やか、適切にアドバイス

保険取扱医療機関として一般皮膚科診療を行います。
診察および治療は日本皮膚科学会認定皮膚科専門医が担当いたします。

小さいお子さまからお年寄りまであらゆる皮膚病に対し、専門医がしっかりと治療を行なっております。例えば、皮膚科で最も良く処方されるステロイド外用薬も、正しい「タイミング」と「塗り方」と「回数」で行う事により、初めて副作用を上手に抑えて最大の治療効果を得ることができます。

ただ単純に処方するだけで終わる事なく、このような細やかな点まで専門医療機関に相応しい適切なアドバイスを心掛けております。

小児皮膚科:毎月のケアで「病気になりにくい肌」を作っていきます

アトピー性皮膚炎、とびひ、水いぼ、手足のいぼ、あせも、カンジダ性皮膚炎、水ぼうそうなどお子様に多い皮膚疾患を専門的に診察いたします。近年、乳幼児期の保湿を中心とした「正しい皮膚のケア」が、その後のアレルギー体質の予防にとても大切なことが分かってきました。皮膚が荒れたままでいると、そこからアレルゲンが入りこみ、ますますアレルギー体質になってしまう可能性があります。当院では、このように日常に欠かせない正しいスキンケア指導までしっかりと行い、小さいうちから「病気になりにくい肌」を作っていくことを目標としております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

そのほか、当院で検査や治療を行うことが可能な皮膚疾患は下記のようなものがあります。

アトピー性皮膚炎 薬疹(中毒疹) 爪囲炎・ひょうそ
接触皮膚炎(かぶれ) 手足症候群 癜風
貨幣状湿疹 鶏眼・胼胝 カンジダ性皮膚炎
自家感作性皮膚炎 掌蹠膿疱症 足白癬
ビダール苔癬 掌蹠角化症 体部白癬
うっ滞性皮膚炎 毛孔性苔癬 爪白癬
皮脂欠乏性湿疹(乾燥肌) 汗孔角化症 マラセチア毛包炎
脂漏性皮膚炎 尋常性乾癬 異汗性湿疹
乳児湿疹 扁平苔癬 汗疹(あせも)
手湿疹(手荒れ・主婦湿疹) ジベル薔薇色粃糠疹 多汗症
蕁麻疹 水泡性類天疱瘡 円形脱毛症
蕁麻疹様血管炎 尋常性白斑 尋常性ざ瘡
血管性浮腫(クインケ浮腫) 膠原病の皮膚炎 酒さ
結節性痒疹 サルコイドーシス 酒さ様皮膚炎
多形慢性痒疹 単純ヘルペス(口唇・陰部) 口内炎
色素性痒疹 帯状疱疹 口角炎
皮膚掻痒症 尋常性疣贅 口囲皮膚炎
多形滲出性紅斑 伝染性軟属腫(水いぼ) フォアダイス状態
結節性紅斑 尖圭コンジローマ 爪甲剥離
硬結性紅斑 梅毒 爪の変形・変色
単純性紫斑 手足口病 毛虫皮膚炎
慢性色素性紫斑 水痘 虫刺症
アナフィラクトイド紫斑 麻疹 シラミ症(頭・陰部)
下肢静脈瘤 風疹 疥癬
下腿潰瘍 伝染性膿痂疹(とびひ) マダニ刺咬症
日光皮膚炎(日焼け) 丹毒 ライム病
多形日光疹 蜂窩織炎 ねこひっかき病
光接触性皮膚炎 慢性膿皮症
凍傷・凍瘡 せつ・よう

また主な検査には以下のようなものがあります。

  • 血液検査(血算・生化学・凝固・感染症・各種アレルギー抗体価など)
  • 細菌培養検査(病気の原因菌を特定します)
  • ダーモスコピー検査(ほくろの悪性等のチェックができます)
  • 顕微鏡検査(真菌や虫体など目に見えないものの特定)
  • 皮膚生検検査(皮膚を数mm採取して病理学的に原因を調べます)
  • パッチテスト(金属アレルギー等の検査)

ほくろ除去なら当院で

ほくろ除去ができる皮膚科や病院をお探しなら当院まで。当院では、ほくろやイボを消すことができるCO2レーザーを用いてほくろ除去治療を行っております。治療は日帰りで行えますので、お仕事をされている方でも気軽に受けられます。中には皮膚ガンの可能性があるほくろもございますので、一度検査へお越しください。他にもアトピー性皮膚炎、手足のいぼ、あせも、カンジダ性皮膚炎など、様々なトラブルに対応しております。皮膚のことでお悩みであれば、いつでもご相談ください。

診療案内
  • 皮膚科
  • 美容皮膚科
  • 小児皮膚科
  • 皮膚外科手術
  • アレルギー科
  • 肩こり外来
美容皮膚科キャンペーン
花粉症治療について
スギ花粉症とダニアレルギー性鼻炎のアレルゲン免疫療法をご存知ですか