診療案内

診療方針

当クリニックでは、湿疹・アトピー・ニキビ・イボ・みずむしなどの一般的な皮膚科疾患の治療に加えて、皮膚腫瘍(粉瘤、ほくろ、脂肪腫など)や巻き爪の手術治療、脱毛・シミ・しわ・そばかす・肌のたるみなどの最新美容治療、ビタミン点滴やプラセンタなどの内科的アンチエイジング治療まで幅広く行っております。またナローバンド紫外線治療器、レーザー/光治療器、ラジオ波メスまで多数の医療機器を取り揃え、できる限り皆様の御要望にお応えできるよう日々診療にあたっております。

診療受付時間(平日19:15まで受付・電話予約可能)

当院では、お仕事の方も受診しやすいクリニックを目指し、夜間は19時15分まで受付しております。
また「初診」・「再診」のどちらも場合でも、ご自身のスケジュールに合わせて前もって予約を取っておく
(時間指定制)ことが可能です。もちろん予約なしで直接来院していただいてOKです。
ただし、予約の方から優先的に診察させていただきますので、ご了承ください。

また、美容の施術に関しては、初再診ともに基本的に予約制とさせていただいております。

診療受付時間
10:00~13:15
15:30~19:15

●…土曜午後 15:30~17:30
休診…木曜・日曜・祝日

各診療科目について

一般皮膚科:専門医療機関として細やか、適切にアドバイス

保険取扱医療機関として一般皮膚科診療を行います。
診察および治療は日本皮膚科学会認定皮膚科専門医が担当いたします。

小さいお子さまからお年寄りまであらゆる皮膚病に対し、専門医がしっかりと治療を行なっております。例えば、皮膚科で最も良く処方されるステロイド外用薬も、正しい「タイミング」と「塗り方」と「回数」で行う事により、初めて副作用を上手に抑えて最大の治療効果を得ることができます。

ただ単純に処方するだけで終わる事なく、このような細やかな点まで専門医療機関に相応しい適切なアドバイスを心掛けております。

美容皮膚科:安心信頼できる本物の美容皮膚科治療をまじめにご提案

当院の美容皮膚科に対するモットー
  • できる限り丁寧な説明を行うこと
  • 皮膚の専門医として不健康・不確かな治療は行わないこと
  • 美容皮膚科をもっと身近なものにすること
    (従来より価格を大幅に引下げ、多くの方が美容室のように気軽に通える美容皮膚科を目指します。
  • 予防皮膚科
    (シミやシワを今後「作らせない」美容皮膚科という新しい考え方をご提案していくこと)

当院は一般保険診療に併設して自費・美容診療もしっかり行います。いわゆる美容のみのクリニックにありがちな、高額な治療や商品の押し売り、近寄りがたい高級感等は一切ありません。

肌の悩みを気軽に相談できるよう、しっかりとした清潔感とプライバシー保護を意識しながら、アットホームな雰囲気でゆったりと治療を受けられます。そして保険医療機関としての立場から、安心・安全を第一に考えた上で治療を導入しております。

さらに表面的な美だけでなく体の内側からの美が大切と考え、各種点滴治療など多くのメニューを工夫し揃えて対応しております。是非ご相談ください。

小児皮膚科:毎月のケアで「病気になりにくい肌」を作っていきます

アトピー性皮膚炎、とびひ、水いぼ、手足のいぼ、あせも、カンジダ性皮膚炎、水ぼうそうなどお子様に多い皮膚疾患を専門的に診察いたします。近年、乳幼児期の保湿を中心とした「正しい皮膚のケア」が、その後のアレルギー体質の予防にとても大切なことが分かってきました。皮膚が荒れたままでいると、そこからアレルゲンが入りこみ、ますますアレルギー体質になってしまう可能性があります。当院では、このように日常に欠かせない正しいスキンケア指導までしっかりと行い、小さいうちから「病気になりにくい肌」を作っていくことを目標としております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

皮膚外科手術(形成外科):短時間で日帰り手術行っています

年齢と共に増えてくる、皮膚のさまざまな『できもの』(皮膚腫瘍)につきまして、積極的に外科的治療を行っております。次世代型の最新手術機器であるサージ卜口ンDualを採用し、ほとんど出血もなく、短時間で日帰り手術を行うことが可能となっております。また、皮膚腫瘍は切除した後の良性と悪性の正しい診断も必要となります。当院では専門医として責任を持ってこれらの診断も行い、必要な場合にはすぐに大学病院などの連携施設に紹介する体制を整えております。

アレルギー科:花粉も診察いたします

現在、アレルギーを持つ患者さまの数は年々増加しており、一種の国民病となっているといっても言い過ぎではありません。花粉症に始まり、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、食物アレルギー、接触皮膚炎、金属アレルギーなど、アレルギーが関係する病気はたくさんあります。また時にアナフィラキシーという命に関わる重症な状態にもなり得ます。総合病院にてこれらの治療に従事してきた経験を生かして、当院でも積極的に治療を行っております。アレルギー疾患の治療においては、原因となるアレルゲンを特定して、それを遠ざけることも重要となってきます。当院では、ご自分の体質をチェックし、理解する手助けとして血液検査によるアレルゲンの特定なども積極的に行っております。

  • アレルギー疾患についてはこちら
診療案内
  • 皮膚科
  • 美容皮膚科
  • 小児皮膚科
  • 皮膚外科手術
  • アレルギー科
  • 肩こり外来
美容皮膚科キャンペーン
花粉症治療について
スギ花粉症とダニアレルギー性鼻炎のアレルゲン免疫療法をご存知ですか