シミ予防のための紫外線対策、間違った解釈をしていませんか?

美容皮膚科にはシミ取りについての相談が数多く寄せられますが、シミ予防のための紫外線対策はこまめにしていますか?

シミにはいくつかの種類があって、発生の原因は様々です。しかし、シミができる原因として多くの共通点があるものに紫外線があります。太陽光を浴びると紫外線に対する防御反応が起こり、メラニン色素が発生するのです。そのため、シミ予防にはきちんと紫外線対策をする必要があります。

サングラスは薄い色を!

サングラスは薄い色を!

紫外線対策のアイテムとしてかけているサングラス。ほとんどの方が色の濃いレンズを選んでしまう傾向にありますが、紫外線対策としておすすめなのは色の薄いレンズです。

なぜなら、色の濃いレンズをかけると目の中に入る光の量を調整するために瞳孔が開き、顔とレンズの隙間から差し込む紫外線を多く吸収してしまうからです。

すると脳が紫外線をブロックしようと、メラニンを出すホルモンを分泌してしまいます。そのため、サングラスをかける時は薄い色のレンズを選びましょう。

日焼け止めの使い分け

紫外線対策に日焼け止めを使っている方は、SPFとPA、日焼け止めの種類を確認してください。

SPFは肌表面に作用するUVBを遮断する効果を表し、PAは皮膚の深い部位まで影響するUVAへの効果を表すものです。数値が大きくなるほど肌への負担も大きくなりますので、日常生活で使用する場合は低めのものを、炎天下でレジャーやスポーツをする場合は高めのものを使用するなど、使い分けをおすすめします。

また、日焼け止めには紫外線を反射させる散乱剤と、紫外線を熱に変えて放出する吸収剤があります。肌が弱い方はパッケージの裏面を見て、散乱剤(ノンケミカル)であるかを確認してみてください。

日焼け止めの効果が出るのは塗布後30分ほど経ってからです。そのため、日焼け止めアイテムは出かける30分以上前に塗るのをおすすめします。汗や摩擦で落ちた時は、こまめに塗り直しをしましょう。

曇りの日も日傘を

曇りの日も日傘を

「曇りの日は太陽光を浴びないから大丈夫」と思っていませんか?

実は曇りの日でも紫外線は降り注いでいます。特に雲の間から日が差している場合は、快晴の時よりも紫外線が集中して降り注ぐことがあるため、天候に関係なく日傘で紫外線対策をしましょう。

ニキビやシミなどの肌トラブルでお悩みであれば、美容皮膚科にご相談ください。

飯田橋駅前さくら坂クリニックはJR飯田橋駅西口から徒歩1分、飯田橋グラン・ブルームのサクラテラス3階にあります。表面的な美だけでなく、体の内側からの健康美が大切だと考えていますので、皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギー科が診療科目です。

飯田橋や富士見で美容皮膚科をお探しの方は、飯田橋駅前さくら坂クリニックをご利用ください。

飯田橋の美容皮膚科なら飯田橋駅前さくら坂クリニック

クリニック名 飯田橋駅前さくら坂クリニック
住所 〒102-0071 東京都千代田区富士見2丁目10−2 飯田橋グラン・ブルーム サクラテラス3階
電話番号 03-3239-1112
FAX番号 03-3239-1142
代表者名 小谷和弘
URL https://iidabashi-hifuka.com/
診療科目 皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギー科
診療案内
  • 皮膚科
  • 美容皮膚科
  • 小児皮膚科
  • 皮膚外科手術
  • アレルギー科
  • 肩こり外来
美容皮膚科キャンペーン
花粉症治療について
スギ花粉症とダニアレルギー性鼻炎のアレルゲン免疫療法をご存知ですか
インフルエンザ予防接種のお知らせ