ほうれい線に良い食べ物

ほうれい線が気になるという方は、どのようなアプローチを行っているでしょうか。ほうれい線を消すために、マッサージやスキンケアなど外側からのアプローチに力を入れている方は多いと思いますが、内側からアプローチすることも大切です。毎日しっかりとケアしているのに結果がついてこないという方は、意識してほうれい線予防になる食材を選んでみてください。

ハリのある肌の基本「コラーゲン」

ハリのある肌の基本「コラーゲン」

お肌の保湿に欠かせないコラーゲンは、年齢と共に減少してしまうため積極的に取り入れなくてはいけません。コラーゲンには、水分を肌に留めるという役割があるため、不足してしまうとどれだけ水分を補給しても肌は乾燥する一方です。

乾燥はほうれい線を作り出す大きな要因となりますので、コラーゲンを意識的に摂取してみましょう。コラーゲンは、手羽先やふかひれ、鮭、牛すじ肉などの食材に多く含まれています。

コラーゲンの生成を助ける「ビタミンC」

美肌には欠かせない成分として知られているビタミンCには、コラーゲンの生成を助ける働きもあります。また、化粧品などにも含まれていることが多いビタミンCは、メラニンの生成を抑える働きや除去する働きもあるため、しわだけでなくしみが気になる方にもおすすめです。ビタミンCは体内に一定以上貯蓄することができず、2~3時間程度で体外に排泄されてしまいます。そのため、一度にたくさん摂取するのではなく、こまめに摂取するようにしましょう。ビタミンCは主にフルーツや緑黄色野菜に含まれています。

肌の主成分である「たんぱく質」

肌の主成分である「たんぱく質」

たんぱく質はコラーゲンやエラスチンなどの肌繊維や角質層を作るために欠かせません。しかし、たんぱく質を抜いたダイエットをする方は多く、それが乾燥肌や肌のたるみの原因となっている可能性も十分に考えられえます。

また、身体のあらゆる部分の主成分であるたんぱく質が不足すると、肌だけではなく、新陳代謝の低下にも繋がります。たんぱく質はたまご、チーズ、ヨーグルト、まぐろなどに含まれています。

食べ物から必要な栄養を摂取することは大切ですが、忙しい毎日を送っているとバランス良く食事をとることが難しいと感じる方は多いと思います。当院では、ほうれい線予防のための高濃度ビタミンC点滴やヒアルロン酸注入などを取り入れています。また、レーザー治療によるほくろやイボの除去、できものの除去にも対応しています。アンチエイジングコスメもお取り扱いしておりますので、美肌対策をお考えの方は、是非お問い合わせください。

診療案内
  • 皮膚科
  • 美容皮膚科
  • 小児皮膚科
  • 皮膚外科手術
  • アレルギー科
  • 肩こり外来
美容皮膚科キャンペーン
花粉症治療について
スギ花粉症とダニアレルギー性鼻炎のアレルゲン免疫療法をご存知ですか