ほくろができる原因

ほくろは大きくなると目立ち、特に顔周りは人の視線が集まりやすいので、どうしても気になります。ほくろは様々なことが原因で現れますが、ほくろ除去をすれば悩みから解放されます。また、ほくろには皮膚ガンのものもありますので、ほくろでお悩みの方は是非当院にご相談ください。

紫外線

紫外線

強い紫外線を浴び続けるとほくろができやすくなります。肌は紫外線を浴びるとメラノサイトがメラニンを作り出し、その過程で何らかの刺激を受けると、ほくろができてしまいます。

紫外線が強いのは夏ですが、曇っていても紫外線は降り注いでいるため、ほくろを防ぐには年間を通して紫外線対策が必要です。日焼け止めクリームを適度に塗ったり、つばの広い帽子を選んだり、紫外線対策用の日傘を選ぶなどして、紫外線を極力浴びないようにしましょう。

女性ホルモン

紫外線対策をしていても、女性の中にはほくろができやすい方がいらっしゃいます。そのような方は女性ホルモンが影響している可能性があります。女性ホルモンの一つであるプロゲステロンが多く分泌されると、メラニンも多く作られるようになります。特に生理前や妊娠、出産時はプロゲステロンの分泌が活発になり、メラニンが作られ、ほくろができてしまいます。女性ホルモンのバランスを取り戻すためにも、心身を休めることを心がけ、大豆を中心とした食事を意識してみましょう。

肌への刺激

肌はメイクやスキンケアの際に強い刺激を受けると、メラノサイトがメラニンを作りやすくなり、ほくろができることがあります。そのため、肌を強くこすったり、引っ張ったりすると、メラニン色素が多く分泌されます。メイクやスキンケアの際は、肌に刺激を与えないように、優しくお手入れをすることがポイントです。

生活習慣

生活習慣

生活習慣や食生活が乱れると、新陳代謝やホルモンの乱れにつながります。睡眠不足、偏った食生活、過度のストレスを受けた生活を続けていると、ほくろができやすくなることはもちろん、しわやくすみもできやすくなります。

そのため、栄養バランスの整った食事をとって、夜12時までには眠るようにし、ストレスを溜めないようにすることが大切です。

ほくろ除去をお考えの方は、是非当院をご利用ください。当院では、ナローバンド紫外線治療器、レーザー/光治療器、ラジオ波メスまで多数の医療機器を取り揃えていますので、スムーズなほくろ除去が可能です。ほくろを消すことができれば、自分の肌に自信が持てます。ほくろ除去ができる病院をお探しの方は、是非当院へお越しください。

診療案内
  • 皮膚科
  • 美容皮膚科
  • 小児皮膚科
  • 皮膚外科手術
  • アレルギー科
  • 肩こり外来
美容皮膚科キャンペーン
花粉症治療について
スギ花粉症とダニアレルギー性鼻炎のアレルゲン免疫療法をご存知ですか